IP分散レンタルサーバー

妊娠線はいつからでる?予防方法まとめ!


妊娠線、「自分だけは大丈夫」なんて思っていませんか?妊娠線は適切な処置をしておかないと、後からではなかなか消えにくくなります。
妊娠線の出始める時期や、どうやって妊娠線を予防するかについて知っておきましょう!

 

 

妊娠線はなぜできるの?

 

妊娠をするとお腹や胸等が普段と比べて急に大きくなります。妊娠線は急なお腹の成長に皮膚の組織がついていけず、皮膚が少し裂けてしまってできるものです。

 

 

妊娠線、いつからできる?

 

一般的にはお腹が大きくなり始める妊娠後期や、食欲の出る妊娠初期のつわり後が一番出やすい時期となります。しかし、妊娠線は急激な体型の変化でできるものなので、できる時期は人それぞれです。妊娠初期にできる人もいれば、臨月になってできる人もおりかなり個人差があります。

 

 

妊娠線を予防するには

 

妊娠線の予防方法をまとめました。

 

妊娠線クリームや妊娠線予防オイルを使う

クリームを塗ることで肌の乾燥を防ぎ、肌が裂けてしまわないようにします。保湿効果や肌の弾力を出すことが目的なので、市販のボディクリームやオイル、ローションなどでも代用できるようです。

体重増加を抑える、カロリーの高い食べ物を避ける

急激に体型が変化してしまわないようにしましょう。

腹帯やガードルを使う

適度に腹部を支えて、急激に皮膚が伸びることを防ぎます。

 

 

妊娠線の予防はいつからやればいい?

 

妊娠線の予防は4~5ヶ月の安定期を過ぎてから始めた方が良いと言われています。「それよりも前からできてしまったらどうしよう…」そう思う方は、妊娠が始まったときからケアを始めてもよいでしょう。
元より妊娠中はホルモンの影響で肌が乾燥しやすくなるため、早めに保湿ケアをするのは良いことです。

 

 

妊娠線ができてしまったら…

 

残念ながら、妊娠線を完全に消すことはできません。しかし、バイオイルなどの妊娠線を薄くする商品がありますので、それを利用することで目立たなくすることができます。

もし妊娠線を完全に消すとなると形成手術が必要となります。

 

関連記事
ドライアイの症状!目やにや充血の原因と対策方法!!
盲腸の初期症状の特徴!! 原因と対策方法!
しゃっくりが止まらない原因は?止め方はコレ!!
生理で眠気だるさ対策はコレ!!
牡蠣にあたると症状は?治療と予防法!!
帯状疱疹は子供や赤ちゃんにうつるの?安静期間!!
口内炎は病院で何科にいけばいい?原因と治療法!!
ノロウイルスの感染!!お風呂入ってもいい?
スキルス胃がんの初期症状!!早期発見方
幼児や乳児へインフルエンザの予防接種!副作用や間隔について!
ストレートネックの治し方!!おすすめストレッチ法!


コメントを残す

このページの先頭へ