IP分散レンタルサーバー

帯状疱疹は子供や赤ちゃんにうつるの?安静期間!!


帯状疱疹、「聞いたことはある」という方も「実際にかかったことがある」という方もいらっしゃると思います。帯状疱疹は痛みのある皮膚病です。
今回は帯状疱疹の症状や、安静期間、感染についてご説明していきます。

 

 

帯状疱疹の原因を知ろう

 

元々は水痘(水ぼうそう)としてウイルスが感染します。水痘の治療が終わっても、水痘のウイルスは体の中に残っています。ストレスや過労、老齢等で免疫力が低下した際に水痘ウイルスが再び増え始めるのが帯状疱疹の原因です。

水痘にかかったことがない人も、ウイルスは潜伏していることがあるので注意しましょう。

 

 

帯状疱疹の初期症状~治るまで

 

帯状疱疹は体の片側だけに出ることが多く、一度に二か所以上症状が出ることはほとんどありません。帯状疱疹の症状は次のようにすすんでいきます。

 

①ピリピリ、チクチクといった痛みが出る(初期症状)

②痛みを感じた場所に赤い発疹ができる

③赤い発疹が水ぶくれになり、帯状に広がる

④水ぶくれがかさぶたになり、痛みなどの症状がおさまる

 

症状が出始めてからかさぶたが治るまで3週間~1か月ほどかかりますが、多くの場合この期間は強い痛み(衣服が触れるだけで痛い、痛みで眠れない)を伴います。

帯状疱疹かな?と思ったら我慢せず、すぐに皮膚科を受診しましょう。

 

 

帯状疱疹は感染するの?子供や赤ちゃんには??

 

帯状疱疹はあまりうつることはありませんが、水痘の予防接種を受けていなかったり水痘にかかったことのない子供には感染の恐れがありますので注意が必要です。妊婦に関しても、胎児にも感染することがありますので注意しましょう。

水ぶくれが治るまでは接触しないようにする必要があります。

 

帯状疱疹の安静期間

 

帯状疱疹で皮膚科を受診すると「安静期間」を言い渡されることがあります。人によって1週間や1か月など様々な期間があるようです。

安静期間には2つの意味があります。

 

  • 体力を回復させる
  • 子供や妊婦に水痘ウイルスが感染しないようにする

 

体力に問題がなくても症状が出ている際に他人と接触することで感染を広げる恐れがあります。体調が良くても、安静期間中はできるだけ外出しない方が良いでしょう。

 

 

帯状疱疹の予防法

 

帯状疱疹は水痘ウイルスによるものです。もし水痘にかかったことがない場合は水痘の予防接種をすることで帯状疱疹を防ぐことができます。

帯状疱疹は免疫力が低下することで起こります。水痘にかかったことのある人もない人も、栄養と睡眠を十分にとり規則正しく生活をして免疫力を高めるようにしておくことが一番の予防法です。

 

関連記事
ドライアイの症状!目やにや充血の原因と対策方法!!
盲腸の初期症状の特徴!! 原因と対策方法!
しゃっくりが止まらない原因は?止め方はコレ!!
生理で眠気だるさ対策はコレ!!
牡蠣にあたると症状は?治療と予防法!!
妊娠線はいつからでる?予防方法まとめ!
口内炎は病院で何科にいけばいい?原因と治療法!!
ノロウイルスの感染!!お風呂入ってもいい?
スキルス胃がんの初期症状!!早期発見方
幼児や乳児へインフルエンザの予防接種!副作用や間隔について!
ストレートネックの治し方!!おすすめストレッチ法!


コメントを残す

このページの先頭へ