IP分散レンタルサーバー

牡蠣にあたると症状は?治療と予防法!!


牡蠣のおいしい季節になってきましたね。とてもおいしい牡蠣ですが、怖いのは食中毒。
今回は牡蠣で起きる食中毒の症状や治療法、予防法について解説します。

 

 

牡蠣で食中毒が起きる原因

 

牡蠣の食中毒の原因となるものは「ノロウイルス」です。牡蠣の体内にノロウイルスが入り込むと体外に排出されることなく増殖を繰り返し、牡蠣の体内でウイルスが濃縮していきます。これが牡蠣に食中毒の多い原因です。

 

 

牡蠣の食中毒(ノロウイルス)の症状は?

 

牡蠣の食中毒の症状は嘔吐、下痢、腹痛です。

まず、何の前触れもなく激しい吐き気と嘔吐が起きます。水を飲んでも吐いてしまうような状態です。その後腹痛や下痢、発熱が起こります。

ウイルスの潜伏期間は24~48時間と短く、また症状は2~3日で良くなるようです。

 

 

牡蠣の食中毒(ノロウイルス)の治療法

 

ノロウイルスに有効な薬品はなく、ウイルスが体の外に出されるのを待つしかありません。その間は家で過ごすようにし、水分や栄養の補給をしっかりするようにしましょう。強い下痢止め薬は、ウイルスの排出を遅らせることがあるためよくありません。

病院に行っても対処療法しかありませんが、体力のない子供や高齢者が下痢や嘔吐で脱水症状を起こすと命の危険もあるため、病院を受診する方がよいでしょう。

 

 

牡蠣の食中毒を予防するにはどうすればいい?

 

生牡蠣を食べたからといって、必ず食中毒になるわけではありません。ですが、生牡蠣を食べると食中毒を起こすリスクは必ずあります。

牡蠣で食中毒を起こさないために大事なのは加熱と加熱時間です。ノロウイルスは熱に強いため、ただ加熱するだけでなく加熱時間が重要になります。牡蠣の中心温度が85℃以上になった状態から1分以上加熱し続けるようにしましょう。具体的にどのくらいの加熱が必要かまとめました。

 

  • 沸騰したお湯の場合…1~2分程度
  • カキフライの場合 …180℃前後で4分以上

 

 

ノロウイルスを感染させないために

 

食中毒の症状がおさまったからといって外出するのはNGです。発症日から一週間程度は二次感染の恐れがあります。
特に子供は学校などで集団感染を起こす可能性がありますので、十分に休みをとるようにしましょう。
 

関連記事
ドライアイの症状!目やにや充血の原因と対策方法!!
盲腸の初期症状の特徴!! 原因と対策方法!
しゃっくりが止まらない原因は?止め方はコレ!!
生理で眠気だるさ対策はコレ!!
帯状疱疹は子供や赤ちゃんにうつるの?安静期間!!
妊娠線はいつからでる?予防方法まとめ!
口内炎は病院で何科にいけばいい?原因と治療法!!
ノロウイルスの感染!!お風呂入ってもいい?
スキルス胃がんの初期症状!!早期発見方
幼児や乳児へインフルエンザの予防接種!副作用や間隔について!
ストレートネックの治し方!!おすすめストレッチ法!


コメントを残す

このページの先頭へ