IP分散レンタルサーバー

台風19号の飛行機の欠航予想!!


NASAでも「スーパー台風」と呼ばれるほど大型で非常に強い台風19号が10月10日に沖縄に上陸予定です。この三連休は本州も大荒れになるという予報ですが、お出かけのご予定のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は台風19号による飛行機の欠航予想と欠航時の行動についてまとめました。

 

 

台風19号の欠航予想

 

今回の台風19号でも現時点(10/11)で11日、12日の沖縄便離発着便の欠航が決定しています。12日時点では沖縄は暴風域を抜けている予定なのですが、今回の台風19号の勢力が強いため強風域に入った状態でも欠航すると考えて良いでしょう。進路図の予報円に利用予定の空港が入っている場合は欠航の可能性が高いです。

ただ、台風は突然進路を変えたり勢力が上下したりしますので常に最新情報を確認することが大事です。不安な場合は直接航空会社に問い合わせるのが一番です。窓口も混み合いますので、早い段階での問い合わせをしておきましょう。

 

 

飛行機が欠航になりそうなときには

 

まずは自分が乗る予定の便の運航状況を確認しましょう。もし「天候調査中」という表示になっていれば、その便の事前の振り替えや払い戻しをしてもらうことができます。

もし宿泊予定のある場合にはキャンセルも検討した方がよいでしょう。帰りの便が欠航になった場合、旅先で延長した分の宿泊費は自己負担となります。

ツアーパックの場合は早い段階で中止が決定して代金払い戻しになるケースもあるので、早めに問い合わせをしておきましょう。

どの場合においても早めに手を打っておくことで振り替え便が選びやすくなったり、また旅程の変更をすることができます。

 

 

飛行機が欠航したらどうすればよい?

 

実際に飛行機が欠航になった場合に行うべきことがいくつかあります。

まずは便の変更や払い戻しの手続きです。台風で飛行機が欠航や遅延になった場合には手数料なしで便の変更や払い戻しをしてもらうことができますので、この手続きを行いましょう。電話やインターネットから手続きをすることができます。

もし旅先で欠航になってしまった場合は宿泊先を確保しましょう。残念ではありますが、この場合の宿泊費は自己負担となります。

条件付き運航便というものもあり、これは目的地の天候が悪い場合に目的地以外の空港に着陸したり元の空港に戻ったりするものです。この場合は当初の目的地までの交通費や宿泊費も航空会社が負担してくれます。元の空港に戻った場合は払い戻しも可能です。

 

 

各航空会社の最新情報はここでチェック!

 

航空会社によっては既に欠航の決まっている便もあります。最新情報はこちらでチェックしてください。

 

JAL
国内線:https://www.jal.co.jp/cms/other/ja/weather_info_dom.html
国際線:https://www.jal.co.jp/cms/other/ja/weather_info_int.html

 

ANA
国内線:http://www.ana.co.jp/fs/dom/jp/index.html
国際線:http://www.ana.co.jp/fs/int/jp/index.html

 

SKYMARK AIRLINES
http://www.res.skymark.co.jp/mercury/fis/flight_announce_i18n

 

Peach
http://www.flypeach.com/jp/flightStatus.aspx

 

Jetstar
http://www.jetstar.com/jp/ja/travel-alerts

 

Vanilla Air
http://www.vanilla-air.com/jp/flight-info

<関連記事>
出雲駅伝は台風19号で中止?延期はいつ?
台風19号の電車やバスの運休への影響?


コメントを残す

このページの先頭へ