IP分散レンタルサーバー

急性胃腸炎はうつるの?ウイルスの潜伏期間による?


よく耳にしたことがある、急性胃腸炎。しかし、実際のどころどんな症状で何が原因詳しいことはよくわかりません。

そこで、今回は急性胃腸炎について、その症状や対処法についてお話します。

急性胃腸炎とその種類

​一概に急性胃腸炎といっても種類は様々で主に細菌性の急性胃腸炎(サルモネラ、胃炎ビブリオ、カンピロバクター、O-157、病原性大腸炎など)とウイルス性の急性胃腸炎(ロタウイルス、ノロウイルス、アデノウイルスなど)があります。

おもに、細菌性のものは夏場に食中毒の原因として多くみられ、ウイルス性のものは冬場に、お腹にくる風邪として主に乳幼児や子供にかかりやすく注意が必要です。

また、このほかにも、暴飲暴食、過度のストレス、薬や薬物の多用によるものもあります。

急性胃腸炎とその症状

​急性胃腸炎の主な症状として挙げられるのが、激しい下痢、嘔吐、腹痛、発熱、倦怠感など、風邪によく似た症状が現れますが、腹痛や下痢、嘔吐などに襲われるので、一般的な風邪とは違います。

また、症状がひどい場合は、ショック症状と呼ばれる血液低下や意識障害を起こすこともあるので気をつけなくてはいけません。
スクリーンショット 2014-10-15 0.50.02

急性胃腸炎の二次感染

​急性胃腸炎で気を付けなければいけないのが二次感染です。ウイルス性の急性胃腸炎は二次感染の恐れがあるので注意が必要です。

ウイルス性の急性胃腸炎は、経口感染が主ですが、空気感染も大いにあり得ます。

二次感染予防と対策

​ウイルス性の急性胃腸炎のウイルスの潜伏期間は大半が1日で年齢や体質など人により様々ですが長くても3日ほどで症状は現れます。

症状が治まった後でも、ウイルスが体内に残っているので、最低でも1週間は人との接触を避けましょう。

また、主な感染の方法として、感染者の便や吐物から直接または間接的、食事や食器などの共用などがあげられます。

感染予防の対策として、窓を開け空気の喚起をしっかりし、食器の共用は避け、吐物の処理は迅速に手袋などを使って行いましょう。

また、バスタブやトイレなど感染者の直接触れるところは使用後はしっかり消毒をしましょう。

また、ウイルス性胃腸炎が流行る冬場は、外出先から帰ったらしっかり手洗いうがいを行うようにしましょう。
スクリーンショット 2014-10-15 0.50.07


コメントを残す

このページの先頭へ