IP分散レンタルサーバー

忘年会の挨拶の順番どうしたらいい? 役職に適した順番!!


忘年会のシーズンが近づいてきましたね。幹事や司会を任されると、社内の役職の関係を考えたりして案外悩むものです。
今回は忘年会の挨拶や、その順番についてまとめましたのでご参考にしてください。

 

 

忘年会の挨拶の順番

 

挨拶に限らず、こういった飲み会の場で一番大事なことは「一番偉い人は誰なのか」ということです。一番年配の方、もしくは一番役職の高い方が一番偉い人ということになります。

挨拶は普通、役職の高い人に頼むのが普通です。乾杯前の挨拶を「一番偉い人」、乾杯の挨拶を「三番目に偉い人」、〆の挨拶を「二番目に偉い人」に頼むようにしましょう。

乾杯前の挨拶と乾杯の挨拶をまとめる場合には、それを「一番偉い人」に頼み、〆の挨拶を「二番目に偉い人」に頼むようにします。例えば、部長と課長が出席している場合には「乾杯を部長に、〆の挨拶を課長に」お願いします。

もし同じ役職の方がお二人以上出席されている場合には、年配の方にお願いするのが普通です。

また、挨拶をして下さる方からお心づけを頂いている場合には、司会の方が乾杯の挨拶のあと「偉い人」順に紹介するようにします。

 

 

忘年会の挨拶をお願いするときのマナー

 

相手の方に挨拶をお願いする場合には、忘年会の予定表を持って直接依頼するのがマナーです。どうしてもメールで送らなければならない、というときには予定表を添付した上でメールを送るようにしましょう。

 

 

忘年会の挨拶をお願いするときの依頼例文

 

忘年会とはいえ、ビジネスメールに違いありませんのでマナーにはご注意を。以下にメールで依頼する際の文例を載せておきましたので、参考にしてみてください。

 

例文

○○様

いつもお世話になっております。
(部署)の△△です。

早速ですが、忘年会の日時が12月○日(△)□時からに決定致しました。
公私ともにご多忙とは存じますが、ぜひご出席頂けますようお願い申し上げます。

重ねてのお願いで恐縮でございますが、社内の和を盛り上げ、忘年会を一層意義のあるものとするため○○様よりぜひ一言お言葉を頂戴できましたら幸いに存じます。
尚、勝手ながらご挨拶を頂くタイミングに関しましては添付の予定表をご覧いただけますでしょうか。

当日は私どもが進行を務めますので、何がご不明な点等ございましたらお声をおかけください。

本来であれば直接お会いしてお願いすべきところですが、ご多忙中とのことでしたのでメールにてお願い申し上げます。

(署名)


コメントを残す

このページの先頭へ