IP分散レンタルサーバー

ヘルパンギーナの症状や潜伏期間わ? 熱が下がらない時の対処法!

乳児や赤ちゃんがかかりやすい夏風邪「ヘルパンギーナ」です。

 

ヘルペンギーナ

 

「夏かぜの」ウイルス性の感染症です。

腸の中でウイルスが増殖することで起こります。

 

 

突発的な熱が出たり水泡ができたり大変なヘルパンギーナの症状や対処方法、

予防方法についてお話します。

 

 

ヘルパンギーナの症状

 

 

ヘルパンギーナはウイルスによる感染症です。

 

5a0210aa69b49bac2380f105533576cc_s

 

ウイルスの種類は様々でコクサッキーウイルスA群やコクサッキーウイルスB群や

エコーウイルスなどからヘルパンギーナを発症します。

 

 

発症から約3日~6日の症状としては突然39度の高熱をし、

熱性けいれんを起こすこともあります。

 

 

のどの痛み、発赤、水膨れが起こります。この水膨れが潰れると炎症が起きて

 

 

痛みになり、食べ物や飲み物を飲み込みにくく脱水症状を起こすこともあります。

 

89c7549d198b3b8290377c5e79cab673_s

 

熱が出てすぐは水泡が出ないことがあるため判断できず、

他の病気と疑われることもあるようです。

 

 

ですが水泡がでるとヘルパンギーナの可能性が高いです。

 

 

どのようにして感染するの?

 

 

コクサッキーA群ウイルスをはじめとしたウイルスです。

感染者のくしゃみや咳、鼻水ウイルスが飛び散ることで感染します。

 

 

感染者の腸のなかで増殖して便から排出されます。

感染者が使ったタオルやコップなどを介して感染します。

 

 

発病した赤ちゃんのおむつの世話でも感染します。

集団生活の保育園や幼稚園では集団で過ごしているため感染しやすいです。

 

 

一度感染したウイルスには感染しませんが他の種類のウイルスが数多く存在

するので再度ヘルパンギーナに感染する可能性があります。

 

927c9fdea7e4e875c8a66b0c2af44676_s

 

ヘルパンギーナ潜伏期間

 

 

潜伏期間とは感染から発症までの期間を言いい、潜伏期間は3~6日

飛沫感染や摂食感染するため保育園や幼稚園での感染が多いいです。

 

 

長くて1週間程度と言われていますが、2週間程度は便からウイルスが排出

されますので2週間は再発する可能性があります。

 

 

他の人にも移す可能性があります。

 

74b5b8c484dc575028a72fafa10648a6_s

 

幼稚園や保育園は症状がなくなり食事が取れるようになったら

登園許可がおりるようです。

 

 

かかってしまった時の対処法

 

 

赤ちゃんや乳児は高熱が出ると苦しそうでかわいそうですが、

ヘルパンギーナに効く特効薬は残念ながらありません。

 

NKJ56_okusurij_TP_V

 

しかし、口内炎、熱に対しては鎮痛剤、解熱剤はあります。

 

 

のどの痛みがある時はオレンジジュースなどの刺激のあるものは止め麦茶や

冷めたスープなどがおすすめです。

 

ab5c5ac57672dc811add492f79b4dfa2_s

 

食べ物は刺激物は避け、噛まずに飲み込めるゼリーやプリン、

冷めたおじや、豆腐にしましょう。

 

 

熱がある時は頭だけではなく脇の下やそけい部を冷やしてあげる

熱が下がりやすいです。

 

 

熱が下がらない時の対処の仕方

 

 

ヘルパンギーナの特徴は高熱です。高熱が続くと体力が低下します

 

netudetaIMGL0241_TP_V4

 

喉が痛くてもゼリーやヨーグルト、おかゆやうどん、アイスなどの

飲み込みがしやすいものを食べさせましょう。

 

 

どうしても食べられない場合は脱水症状になるますので水分はしっかり

飲ませてあげましょう。

 

be977ec430342a15b584c43f3e8bfc81_s

 

子供用の栄養剤を飲ませるのも子供の体力回復の手助けになります。

 

 

熱がある時は冷やしてあげることが大切ですが、38.5度以上熱がある場合は

病院で頂いた解熱剤を使いましょう。

 

サプリ

 

しかし、熱がある時は体は病気と戦っていますので熱があっても元気そうな

時は薬を使わず見守ってあげた方がいいです。

 

 

ヘルパンギーナの予防方法

 

 

ヘルパンギーナは予防接種はなく、また予防できる薬もありあません。

感染者が周りにいる場合はしっかり手洗いをしましょう。

 

FCFG100105109_TP_V

 

感染者とタオルの共有をやめ、日常生活での予防を心がけましょう。

 

 

軽快後もしばらくは便にウイルスが排出されるためトイレやオムツ替え後、

食前などでは手洗いをしましょう。

 

 

まとめ

 

 

赤ちゃんや乳幼児がかかりやすいヘルパンギーナはかかると

高熱や水泡など大変です。

 

 

実はこれは大人もうつり、大人がかかると重症化する場合があるため、

辛そうな子供の看病しつつも自己防衛しながら、

 

 

しっかりマスクをしたり、同じタオル、食器を使わないなどして

注意しながら看病してあげましょう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ