IP分散レンタルサーバー

幼児や乳児へインフルエンザの予防接種!副作用や間隔について!


インフルエンザの流行する季節になりました。お子様をお持ちの方は心配な季節ですね。
幼児や乳児のインフルエンザの予防接種について知っておきましょう。

 

 

幼児や乳児のインフルエンザ予防接種、効果はあるの?

 

「予防接種をしたのにインフルエンザにかかった!」という声をちらほら見かけます。実は、予防接種は幼児や乳児だとあまり効果があるとは言えません。A型インフルエンザで予防効果が30~50%程度、B型や1歳未満の乳児ではさらに効果が低くなります。

インフルエンザの予防接種は「発症予防」という考え方だけでなく「重症化予防」と考えるようにしましょう。たとえインフルエンザにかかっても予防接種を受けていれば重症になることを防げる場合があり、肺炎を予防できます。

ただし流行しているウイルスの種類がワクチンの種類と異なる場合には、大人と子どもに関係なく脳炎の発生を防げないこともあります。

 

 

幼児や乳児のインフルエンザ予防接種、受ける間隔は?

 

生後六か月~12歳の子どもは2回ずつ接種するのが普通です。幼児や乳児では、1回の接種で十分な免疫が獲得できないからです。1回目の接種から2~4週間の期間を空けて二回目を接種します。

前年にインフルエンザの予防接種を受けていても意味がありません。インフルエンザのウイルスは毎年種類が変わるため、予防接種も異なるものを接種する必要があります。

要するに、12歳以下の場合には毎年2回ずつの予防接種が必要になるということです。予防接種をインフルエンザの流行り始める11月までに終わらせるために、10月前半に一回目を済ませておきましょう。

 

追伸

風邪やインフルエンザには、絶対にかかりたくない!

予防接種もした。どうすればいい?

こういう方には、超高機能のマスクを購入することを

おすすめします。

今なら、3層に包まれ菌を9割以上の菌を除去する

高品質マスク(50枚入り)が激安価格で買えます。

>>超高品質マスクを見てみる。<<

 

幼児や乳児にインフルエンザの予防接種、副作用(副反応)はあるの?

 

インフルエンザの予防接種にも副作用はあります。

ワクチンというものは病気のウイルスを無害化したものを体に入れて免疫を作る、というシステムになっているためある程度の副作用は仕方ないものです。風邪のような症状が多少出るのは特に問題はありません。

注意したいのは卵アレルギーの人です。インフルエンザのワクチンは卵を原料に使っているので、卵アレルギーの人はアナフィラキシーショックを起こしたり、じんましんや呼吸困難が出ることもあります。

また、副作用は接種後30分で起きるものや、接種してから28日後に出てくるものなど様々です。もし予防接種をしてから一か月以内に体調が悪くなった場合は、病院に行ってインフルエンザの予防接種をした旨を伝えましょう。

 

関連記事
ドライアイの症状!目やにや充血の原因と対策方法!!
盲腸の初期症状の特徴!! 原因と対策方法!
しゃっくりが止まらない原因は?止め方はコレ!!
生理で眠気だるさ対策はコレ!!
牡蠣にあたると症状は?治療と予防法!!
帯状疱疹は子供や赤ちゃんにうつるの?安静期間!!
妊娠線はいつからでる?予防方法まとめ!
口内炎は病院で何科にいけばいい?原因と治療法!!
ノロウイルスの感染!!お風呂入ってもいい?
スキルス胃がんの初期症状!!早期発見方
ストレートネックの治し方!!おすすめストレッチ法!


コメントを残す

このページの先頭へ