IP分散レンタルサーバー

喪中の親族の範囲は? いつまでに出す? 続柄の書き方は?


めったに書くことのない喪中はがき。書き方やマナーなど、どうすれば良いのかお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は喪中の親族はどこまでか、いつまでに出せばよいのか、続柄の書き方はどうすれば良いのかを解説していきます。

 

 

どこまでが喪中の親族の範囲になる?

 

祖父、祖母、父、母、兄弟、姉妹、子ども、孫、配偶者が亡くなった場合には必ず喪中とするようにしましょう。「親族」という言葉自体がここまでの範囲を指すものであり、ここまでは一般的に喪中とする考え方が広まっています。

叔父(伯父)、叔母(伯母)に関しては不要だという考えもあるようです。どこまでを喪中にするかというのは出す本人の考え方によるものですので、たとえば親交の深い伯父伯母が亡くなった際には喪中とするのも良いでしょう。

それ以外に関しても、どこまでを喪中にするかは本人次第です。配偶者の祖父母なども、喪中にするかしないかは個人の自由と言えます。故人とのお付き合いや思い入れの差によって喪中とするかどうか決めましょう。

 

 

喪中はがき、いつまでに出せばよい?

 

喪中はがきを出す目的として、「相手に年賀状を送れない非礼をお詫びする」という意味があります。要するに、受け取った側としては「年賀状を出さない」ことを判断する材料となるわけです。

受け取る側が年賀状の準備をする前、つまり11月中旬までに出すようにするのが礼儀と言われています、遅くとも12月初旬には届くように出しましょう。

 

 

年末に亡くなられた場合、喪中はがきは出すべき?

 

喪中はがきは相手に年賀状を送れない旨を伝えるものなので、たとえ相手が年賀状を出してしまった後だとしても出さなければいけません。

ただし、その場合は相手に気をつかわせることになりますので、松の内が過ぎてから寒中見舞いで返礼するようにしましょう。

 

 

喪中はがきでの続柄の書き方は?

 

ご家族やご夫婦で連名の喪中はがきを出される場合、故人の方の続柄に困りますね。そういうときには、夫から見た続柄を書くようにします。

例えば、妻の父が亡くなって夫婦連名で喪中はがきを出す場合には、「義父 ○○」もしくは「妻の父 ○○」と書きましょう。

 

他にも色々なパターンがあるかと思いますが、先方に伝わる書き方になっていれば大丈夫です。たとえば「長男○○の妻 △△」や「父○○の姉 △△」など、受け取った側がどなたが亡くなったか分かるようにしておきましょう。

 

関連記事
喪中はがきの宛名は薄墨で書くの?


コメントを残す

このページの先頭へ