IP分散レンタルサーバー

おたふく風邪の子供の症状!!

我が子が、おたふく風邪にかかり色々調べましたのでシェアしたいと思います。

おたふく風邪とは?

おたふく風邪は、子供の頃にかかりやすい病気の一つとして広く

知られています。

おたふくかぜの正式名は、流行性耳下腺炎と言います。

「ムンプスウイルス」と呼ばれるウイルスの

感染を原因としたウイルス感染症です。

おたふく風邪の症状の特徴

才までの赤ちゃんの周りでおたふくかぜのウイルスが流行しても心配いりません。
感染しても症状が軽い場合が、多いです。

ただし大人の場合免疫を持っていない為、辛い症状になることもあります。

突然の発熱、耳下腺のはれと痛みで始まります。唾液腺のはれは3〜5日
で引くことが多く、7〜10日で治ります。

  • 熱38度以上
  • 耳下腺の腫れ
  • 首の痛み
  • 頭痛
  • 腹痛

おたふく風邪って周囲へ感染するの?

たいていの人は、幼少期におたふく風邪にかかります。
幼少期のお子さんがいる方の場合、幼稚園ですぐ感染
が広まります。

幼少期にかかっていれば、免疫がつきますので
大人になって再びおたふく風邪にかかることは
ほとんどありません。

おたふく風邪にかかった経験がないまま、成人となった場合、
予防接種を受けるのが最も安全な大人のおたふく風邪の予防策です。

おたふく風邪大人の場合は要注意?

大人の方の場合は、40度近い高熱がでることがあります。
高熱が5日程続き、おさまります。

妊娠中の女性がかかると、流産や胎児にも影響がありますので
早めに予防接種することを薦めます。

おたふく風邪の予防接種

子供で最もかかりやすい時期が、4〜5歳です。

保育園や幼稚園では感染が広まりやすいので
入園前に予防接種受けておいた方がいいです。

予防接種によるワクチンの効果は長く、大人に
なるまでは期待出来るそうです。

予防接種の費用わ?

私が住んでいる近辺で数件の病院に問い合わせて
確認しました。

約5000円から7000円でした。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ