IP分散レンタルサーバー

インフルエンザの2014年度のピークはいつ頃?


寒くなってくると心配なのがインフルエンザ。2014年(2015年)のピークはいつ頃なのでしょうか?
インフルエンザのピークの他、インフルエンザの感染の仕組みについて見ていきましょう。

 

 

2014年(2015年)のインフルエンザのピークはいつ?

 

厚生労働省がインフルエンザの情報を毎年配信していますが、今年のピークに関する情報はまだ出ていません。

一般にインフルエンザの流行時期は、日本のある北半球で12月~3月だと言われています。これまでのインフルエンザは、1月に入ってから流行を拡大して2月にピークを迎え、3月に収束するという流れになっています。

2014年(2015年)のインフルエンザもおそらく同じ、年明け~年度末にかけての時期になると予想されます。

 

 

インフルエンザが寒い時期に流行するのはなぜ?

 

なぜインフルエンザは寒い時期に流行するのでしょうか。

インフルエンザウイルスは感染した人の咳やくしゃみで空気中に散らばります。空気の乾燥した冬には、咳やくしゃみの水分が蒸発してウイルスが軽くなり、空気中を漂う時間が長くなることで感染が拡大するのです。

空気中に漂うウイルスを吸入することでインフルエンザの感染が起きるため、マスクは予防に有効な手段です。しかし、ウイルスは目などの粘膜から侵入することもあるので、予防接種を受けるのが一番の予防となります。

 

追伸

風邪やインフルエンザには、絶対にかかりたくない!

予防接種もした。どうすればいい?

こういう方には、超高機能のマスクを購入することを

おすすめします。

今なら、3層に包まれ菌を9割以上の菌を除去する

高品質マスク(50枚入り)が激安価格で買えます。

>>超高品質マスクを見てみる。<<

 

なぜインフルエンザは毎年流行するの?

 

インフルエンザは日々変異しています。変異とはウイルスが進化して違う形になることです。特にA型のインフルエンザは変異が早く、頻繁に新型が発生します。

人間の体には免疫というシステムがあり、一度侵入してきたウイルスや細菌に関してはそれを追い出す仕組みになっています。しかし、インフルエンザウイルスは毎年変異をして違う姿になっているため免疫が働きません。

その年その年のインフルエンザウイルスに合わせた免疫が必要なため、毎年インフルエンザは人々の免疫システムをすり抜け流行するのです。

インフルエンザの予防接種を毎年受けなければならないのも同様の理由です。

 

関連記事
新生児のインフルエンザ、感染や潜伏期間?
タミフルとリレンザの違いは何?効果や値段違うの?
インフルエンザ予防に葛根湯は効果ある?
インフルエンザ予防接種を受けた日に飲酒しても大丈夫?
インフルエンザの頭痛!カロナール飲んでも大丈夫?効果ある?


コメントを残す

このページの先頭へ