IP分散レンタルサーバー

インフルエンザの頭痛!カロナール飲んでも大丈夫?効果ある?


インフルエンザ、色々な症状が出ますがその中でも耐えがたいのが頭痛。
なんとかしたいですね。

 

インフルエンザにかかったときにカロナールを飲んでも良いのでしょうか?
効果はあるのかどうか、飲んでも大丈夫かどうかを調べてみました!

 

 

インフルエンザのときにカロナールを飲んでもいい?副作用はある?

 

カロナールはインフルエンザのときに処方されることが多い解熱・鎮痛薬です。
カロナールの主成分であるアセトアミノフェンは、タミフルなどと一緒に処方されても副作用が少ないと言われています。

 

 

幼児に関しても、アセトアミノフェンだと副作用が少ないことが知られています。

 

このように副作用が少ないため、基本的にはインフルエンザのときカロナールを服用しても問題はありません。

 

とはいえカロナールにも副作用が全くないわけではないので注意が必要です。
めまい、吐き気、冷や汗、顔色の悪化、腹痛、下痢、蕁麻疹などが出た場合は服用をやめて医師に相談しましょう

 

肝臓病や腎臓病のある方は、重い腎臓病や間質性肺炎などを誘発することもあります。
心当たりのある方は事前に医師に報告しておくようにします。

 

 

インフルエンザの頭痛にカロナールは効果がある?熱は下がる?

 

解熱・鎮痛効果のあるカロナールですが、インフルエンザの症状が強いときには効かないこともあるようです。

 

その原因はカロナールの主成分、アセトアミノフェンにあります。
アセトアミノフェンの解熱・鎮痛効果はあまり高いとは言えません。
そのためインフルエンザの強い症状には効果がないときがあります

 

かといって自己判断で別の鎮痛薬を飲むのはやめておきましょう。
バファリンなどに含まれるアスピリンはインフルエンザのとき大きな副作用を引き起こす可能性があります

 

 

子どもにカロナールは飲ませても良い?

 

カロナールは子どもでも安心な薬だと言われています。
もちろん、子どもであっても副作用があまりなく安心な薬です。

 

飲ませようとしているお子様に処方されたカロナールであれば飲ませても問題はありません。

 

しかし、他の子どもや大人に処方されたカロナールであれば飲ませないようにした方がよいでしょう。
大人のものだと薬の分量が違うほか、肝臓病や腎臓病のある人には副作用が出ることもあります。

 

不安な場合にはカロナールを飲ませるのではなく、冷たいタオルを両脇にはさんだりして対応しましょう。
どうしても熱が下がらない場合には病院に行きましょう。
病院があいていないときには夜間診療や休日診療の病院を利用してください。

 

タミフルやリレンザなどインフルエンザの他の薬についてはこちらで調べていますので、こちらも読んでみてください!
タミフルとリレンザの違いは何?効果や値段違うの?

 

他の記事もよく見られています。
記事一覧はこちら!

 

関連記事
新生児のインフルエンザ、感染や潜伏期間?
タミフルとリレンザの違いは何?効果や値段違うの?
インフルエンザの2014年度のピークはいつ頃?
インフルエンザ予防に葛根湯は効果ある?
インフルエンザ予防接種を受けた日に飲酒しても大丈夫?


コメントを残す

このページの先頭へ