IP分散レンタルサーバー

上司への新年の挨拶はメールでも大丈夫?


年賀状の用意をする季節となりました。最近では年賀状でなく年賀メールという方法もありますね。今回は上司への新年の挨拶がメールで良いのか、また送る場合の文例をご紹介したいと思います。

 

 

年始の挨拶メールの前に調査必要

 

最近はビジネスシーンでもメールを送ることが多いと思います。では、年始の挨拶はどうでしょうか。

これは、一口に言うことはできません。なぜなら、相手の気持ちによるところが大きいからです。部下からメールをもらった上司にも「メールの方が気楽でよい」「メールで十分」という方もいれば「メールなんて失礼だ」と感じる方もいらっしゃいます。

まずは自分の上司のメールに対する考え方を調査しておきましょう。

 

 

年賀状かメールどっちがいい?

 

メールに対する考え方の分からない上司に対しては年賀状を送る方が無難でしょう。年始メールを送られて怒る人はいますが、年賀状を送られて怒る人はいません。

最近は個人情報だということで住所を知らない場合もあるかと思います。その場合は上司も事情が分かっているでしょうから、メールで済ませてもよいでしょう。

相手が年賀状を送ってきた場合の返信にメールで返すのは大変失礼な行為にあたります。年賀状には年賀状で返すようにしましょう。

 

 

上司に年始の挨拶をメールで送るときの注意点

 

「友達に送るようなメールを送る」ことは絶対にしてはいけません。上司に送るのですから、年始の挨拶とはいえあくまでビジネスメールです。「あけおめ」「ことよろ」等の軽い言葉はNGです。

一斉送信でメールを送ることもやめましょう。BCCであってもNGです。送られた側としては、「面倒だったんだな」というイメージしかありません。一人一人に送信するようにしてください。

せっかくですから「新年の抱負」を書いておくとよいでしょう。仕事に対するやる気を示す良い機会となります。ただし、業務について細かく書くのはNGです。上司もお正月休みですから、あまりに仕事の内容が多いのは無粋です。

 

 

 

上司への新年の挨拶メールの例文

 

では実際に例文を見ていきましょう。あくまでビジネスメールであることを忘れずに書かなければいけません。宛名、署名を忘れないようにしてください。

 

例文

件名:謹賀新年

本文:○○様

   明けましておめでとうございます。
   昨年は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
   ○○様におかれましては、穏やかに新年をお迎えのことと存じます。

   私は実家で久しぶりに羽を伸ばしてゆっくりとしております。
   しっかり休養して仕事の鋭気を養い、本年もがんばっていきたいと
   思いますので、本年も変わらぬご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願い
   致します。

 

   平成27年1月元旦

   署名


コメントを残す

このページの先頭へ