IP分散レンタルサーバー

妊娠中、花粉症の目薬や鼻炎薬は赤ちゃんへの影響など大丈夫?


花粉症は普通の人がかかるだけではありません、妊娠中の方でもかかってしまいます。

一番気になるのは、おなかの赤ちゃんへの影響。薬選びに慎重にならざるを得ませんよね。

でも、目がかゆい、鼻水ダラダラ、我慢出来ないほどひどい場合はどうしたらいいのでしょうか?

そこで、妊娠中の方への花粉症対策、薬はどうなのかを調べてみました。

p3

赤ちゃんも花粉症になるのか?こちらもあわせて読んでおかれると良いですよ。
赤ちゃんの花粉症の症状!予防対策法!赤ちゃんって花粉症になるのか?


妊娠中でも飲める薬はある?

まずは、妊娠中でも飲める薬はあるのか?という疑問ですが、飲める薬はあります。

特に、点鼻薬はあまり問題なく使われているようです。

内服薬はもちろん医師に処方してもらった薬などです。

妊娠中に服用する花粉症の薬は弱いものが多いみたいで、重度の花粉症の方が使っても効かない場合があるようです。

薬の服用は自己判断なので、心配な人は薬を使わず我慢している妊婦さんが多いようですね。

また、漢方薬を使う方法もあるみたいです。これも医師や薬剤師と相談して処方してもらうようです。


妊娠中の点鼻薬(鼻炎薬)

妊娠中、特に後期になると呼吸も上がって鼻が詰まっていると本当に辛いと思います。

点鼻薬は、市販されているものでOKのようですが、内服薬は、医師の処方による薬を飲んだ方が良いようです。

クラリチン(ロラタジン)という抗ヒスタミンの錠剤があるようで、この薬がよく効くようです。医師に処方してもらえます。

いずれにせよ、個体差や体調もありますので、しかも妊娠中なら体質もかわりやすいのでまずは産婦人科で聞くのが良いでしょう。

【点鼻薬-アラミスト、リノコート】

【アラミスト】

p5

【リノコート】

p6

アラミスト、リノコートという名前の点鼻薬があります。

これらの薬は鼻の粘膜に作用するステロイド鼻炎スプレー薬で、局所(鼻)だけに効きます。なので、全身に影響はありませんが、ステロイドなので心配な方は、産婦人科で相談されることをオススメします。


妊娠中の目薬

花粉症で目がかゆい、涙目、目がごろごろする。。。本当に辛いですよね。

妊娠中の目薬ですが、市販されている目薬には妊娠または胎児に影響する成分が入っていないので使用しても大丈夫です。

ヒアルロン酸目薬、【アルガード】の使用上の注意書きには妊婦への使用は禁止されていません。大丈夫ですね。

p8

p7

また、産婦人科でも目薬を処方してくれる病院があるようです。

どうしても心配な方は、医師に相談しましょう。


妊娠中の花粉症対策 まとめ

 

妊娠中はいつもの体と違います。体質も変わってしまう妊婦さんもいます。また日によって体調が良い時と悪い時があるくらいです。

  • まずは、かかりつけの産婦人科で相談することが一番です。
  • 市販の薬(目薬等)は使用しても問題ありません。点鼻薬も大丈夫なようです。
  • 外出時にはマスクやめがねを付ける。
  • 外から帰ったら部屋に花粉を持ち込まないようにしましょう。

この辛い時期を頑張って乗り切ってくださいね。お大事に。

関連記事
赤ちゃんの花粉症の症状!予防対策法!赤ちゃんって花粉症になるのか?
授乳中の花粉症対策方法!使える薬ってあるの?
花粉症がひどくセレスタミン服用!副作用ある?
花粉症でアレロックを服用!副作用ある?

他の記事もよく見られています。
記事一覧はこちら!


コメントを残す

このページの先頭へ