IP分散レンタルサーバー

授乳中の花粉症対策方法! 使える薬ってあるの?


花粉症でお悩みの方、お正月明けにはすでに花粉症対策をしている人を多く見かけます。現代人の多くが、この花粉症に悩まされています。

花粉症のママも多いはず。でも、授乳中のママは花粉症の薬を飲んでいいのかどうか、もし赤ちゃんに影響したらどうしよう、心配ですよね。

そんなママ達のために、今回調べてみました。

kafunmama1

花粉症ではありませんがこちらも心配ですね。幼児や乳児のインフエンザ対策記事も参考にどうぞ。
幼児や乳児へインフルエンザの予防接種!副作用や間隔について!


薬の服用はOK?

授乳中のママは、基本的に花粉症の薬を飲んでも大丈夫だそうです。

しかし、薬を飲むか飲まないかは、本人次第です。100%絶対に大丈夫だとは限らないから、とのことです。

どうしても心配なママさんは、効き目の緩やかな薬を飲むのも一つの選択だと思います。

一方で、点鼻薬やアレルギーの薬に含まれる抗ヒスタミンという成分は、授乳中は避けた方が良いという人もいます。

心配な方は、まずは医師に授乳中であることを話し相談することをオススメします。

プリント


薬の種類

ゼスラン、アレグラ、エルピナン、エバスチン、ニポラジン、エバステル、オノンカプセル という名前の薬があるようです。点鼻薬、点眼薬の服用は大丈夫なようです。

オノンカプセルは、授乳中のママに処方されることがあるようです。この薬は、赤ちゃんに悪影響がないと言われているようです。

エバスチンがとってもよく効いたけれども、眠くなって子育てに影響が出たというママがいるようです。

それぞれの体質に合ったお薬を、医師や薬剤師によく相談して服用した方が良いですね。


対処法

【薬】

耳鼻咽喉科やアレルギー専門の医師に相談し、処方された薬を服用するのが良いと思います。

市販されている花粉症の薬で、鼻に塗るタイプを使っているママさんもいるようです。

花粉症に効く目薬など、ドラックストアなどで売っている薬は、薬剤師に相談されることをオススメします。

【予防グッズ】

花粉症対策の専用マスクが売っていまるので、寝る時にもマスクを着用すると良いようです。(湿度を保つため)

kafunmama5

【食品】
ヨーグルト(乳酸菌)が良いようですね。

kafunmama3


日頃から気を付けること

  • 外出時は必ずマスクを着用、帽子の着用(髪の毛に花粉が付かない様に)、花粉症防止のめがねの着用
  • 外から帰宅したら、服に付いた花粉を払い落す
  • うがいをする。お茶でうがいをすると効果的(カテキン成分が効く)
  • 鼻を洗う
  • 加湿器+空気清浄機を使う。24時間の使用。加湿器がなければ、湿ったタオルを部屋に掛けておいても効果的
  • 出来れば帰宅したらシャワーかお風呂に入って花粉を洗い流す
  • イネ科の花粉症は、なるだけ田んぼや河川敷、堤防に近づかない

花粉症は本当に辛いです。こうした工夫が少しでも花粉症軽減につながればいいですね。

お大事に。

関連記事
妊娠中、花粉症の目薬や鼻炎薬は赤ちゃんへの影響など大丈夫?
花粉症でアレロックを服用!副作用ある?
花粉症がひどくセレスタミン服用!副作用ある?
赤ちゃんの花粉症の症状!赤ちゃんって花粉症になるのか?

他の記事もよく見られています。
記事一覧はこちら!


コメントを残す

このページの先頭へ